会計士として働くならあらた監査法人で決まり!まずは採用情報を確認

英語をいかせる仕事とは

PCを操作する女性

英語力を証明するには

英語をいかせる仕事として、よく知られているのが貿易事務です。貿易事務は、商品の輸出入に伴う、煩雑な事務手続きを処理するスペシャリスト。主な業務内容は、輸出通関手配、通関書類の作成、運送便や倉庫の手配などの輸出業務と輸入通関手配、関税・消費税納付、商品の納入管理などの輸入業務です。資格や実務経験は必ずしも必要ではありませんが、海外と電話やメール、書類などでやり取りするため、英語は必須。読み書きだけでなく、会話スキルも求められます。英語が好きや得意と言うだけでは、英語力の高さは伝わりにくいので、TOEICや実用英語技能検定など、英語力の高さを証明する資格をもっているとアピールしやすくなり、雇用のチャンスを増やすことができます。

海外とやり取りするには

貿易事務では、世界の様々な国とやり取りをすることになります。世界を舞台に活躍できる半面、国によって、時差や繁忙期などが異なるため、どうしても残業時間が多くなる傾向があり、乗りきるための体力が必要になります。また、習慣や文化も異なるため、何気なく使った単語や言い回しが原因で、誤解を招いてしまうことも。大きな損失になってしまう可能性もあり、正確性には細心の注意を払わなければなりません。貿易事務は、世界に目を向けるため、新しい発見が多く、スキルアップとして通関士の資格取得を目指すなど、やりがいのある仕事。資格は業務を効率よく進めるために有用ですが、それを最大限いかすためには、体力や各国の習慣や文化を知ることが重要であると言えます。