会計士として働くならあらた監査法人で決まり!まずは採用情報を確認

病院が多く需要がある

医療事務の求人は東京で多くなっています。東京には病院やクリニックがたくさんあるからです。応募条件に違いがあるので、しっかりと内容をチェックしましょう。通勤しやすいところを選んだ方が無難です。また、主婦層に人気のある職種でもあります。

公認会計士の転職先

説明

会計士としてのスキル活用

一般企業で経理業務を担当している社員の中には、キャリアップのために公認会計士の資格取得を目指している人も少なくありません。公認会計士の試験に合格すれば会計事務所等への転職も可能になり、会計業務に関する自身のスキルをハイレベルな仕事に生かせるのです。中でも上場企業の会計監査からコンサルティング業務に至るまでの多彩な依頼に応えている監査法人は、公認会計士の転職先として最適な職場と言えます。国内に数ある監査法人の中でも、あらた監査法人は世界最大と言われる会計事務所のメンバーファームに属します。150以上の国々に20万人近い社員を持つプロフェッショナルサービスファームの一員として、あらた監査法人は国内の一流企業でも高い信頼を得ている監査機関です。日本を代表する一部上場企業の会計監査も多く担当してきた実績を持ち、クライアント企業は金融・保険分野から自動車産業・機械工業・通信に至るまで多岐にわたります。あらた監査法人では育児休暇や子育て支援制度もあるため、女性が働きやすい職場という点でも注目に値します。公認会計士の資格を持つ女性にとっては、会計業務に関するスキルを最大限に生かせる転職先なのです。

スムーズな転職をサポート

あらた監査法人に採用されるためには当然のことながら就職活動を行う必要もありますが、募集職種が多いため自身に合った職種を見つけるのは大変です。あらた監査法人では新卒採用や定期採用の他にキャリア採用の枠が設けてあり、転職者も多く受け入れています。常に変動している募集状況は、あらた監査法人の採用情報を掲載したサイトで最新情報を確認することができます。あらた監査法人の募集職種には業界ごとの監査に特化した部署や、経営戦略・コンサルティング・アクチュアリーといった業務を行う部署が挙げられます。もちろん自分で希望職種を選んで応募することもできますが、履歴書の志望動機欄書き込みや面接への対応次第では希望に沿えない場合も出てきます。そうした点では転職支援サービスを利用した方が模擬面接等で入念な対策ができるため、転職に成功する確率も高いのです。転職支援サービスには監査法人の求人情報や業界事情に関する最新情報が集まっており、転職ノウハウも豊富に蓄積されています。1人1人に対して希望職種との最適なマッチングを行う転職支援サービスは、転職に関わる時間と労力を大幅に軽減できることから利用者が増えているのです。

弟子入りしよう

大工の求人は土木関係の項目か、建築や建設業の項目などで募集されています。いろいろと比較してみましょう。応募条件に違いが見られるからです。一人前の大工になりたいという人は、弟子入りすることがポイントです。

英語をいかせる仕事とは

貿易事務は海外とのやり取りが多く、英語をいかせる仕事として、人気があります。英語力のアピールには、TOEICや実用英語技能検定などの資格が役立ちますが、仕事柄、体力や各国の習慣や文化の知識も必要となります。